本文へ移動

設計における、屋根材の重さと「こだわり」

テクノストラクチャー工法では全棟、構造計算を実施しています。
その内には、屋根材による荷重もありますが、田中工業で、
「軽い屋根」カラーベスト・金属屋根を使用している建物のも、構造計算は「重い屋根」和瓦の荷重で計算し、耐震等級3を確保しています。これは、将来、屋根材の葺き替え時も構造計算がNGにならないよう大きな荷重にも対応すべく「強固な躯体を作りたい」と言う思いからです。
構造計算を行わずに、重い瓦で、しかも大きな部屋を作るなんて、とても怖い事です。
※「軽い屋根」「重い屋根」の両方に適合するよう計算しています。
※将来設置の太陽光パネル荷重も計算しています。

テクノストラクチャーだからこそできる!山陰地区、軒の出仕様

山陰地域のニーズに応える。テクノストラクチャーの強さを生かしたプランです。夏の日差し、風雪・雨天への要望を反映しています。山陰地域では特に、玄関前に軒先のない家は生活しずらいです。
軒の出、最大1.7m
雨、雪の多い山陰の気候には古来より大きな軒先が多き設けられてきました。近年では、耐震性・耐風性を考え、軒の出が短くなっています。もちろん、構造計算なしで大きな軒先を作るのは論外です!
テクノストラクチャー工法を採用する事で、軒の出最大1.7mの軒先のある住まいを作る事が出来るようになりました。
もちろん、構造計算は耐震等級3・耐風等級2の最高等級で検討・評価しています。

アウターシェード

近年に取り付けをした実例です。ブラウン色とグリーン色が人気です。
暑さ対策
夏、室内に流入する熱の70%は窓から入ってきます。
アウターシェードはその熱の流入を遮ることで、室内温度の上昇を抑え、エアコンなどの電気使用量の低減にも交換を発揮します。
 
使用した感じ
室内からは、けっこう外が見えます。
屋外からは、室内が全く見えなくて目隠し替わりにもなり、カーテンのレースより少し暗くなりますが、閉塞感はなく、レースを使うより開放的で室内が広く感じるくらいです。
 
暑さに対する効果は絶大です。使い始めると止めれなくなりますね。屋外に付いているので、強風時には不向きなので都度、収納しています。
TOPへ戻る